セブ島留学体験記 vol.5 [プレゼンテーションクラス〜MBA-Cebuの醍醐味〜]

セブ島で英語が学べるなんて思ってなかったというレスポンスを多々貰い、
個人的にも昨年夏前前では知らなかった事だけに、行きたくなる人が
増えればよいなと思っている今日この頃。

数人からこのブログを見てMBAに行くことを決めた、というメッセージを
もらったり。うれしいことしきり。

さて、前回の最後にも宣言したままだった、プレゼンテーションクラスについて
書きますかな。

■Presentation
MBAではプレゼンテーションに相当力を入れている。これは経営陣の思いもあり、
人前でオープンに話すことができなければ英語の表現力は上がらないという
考え方に基づくものだ。
ここでは、自分が4週間の間に経験したプレゼンテーションクラスの内容を
紹介することにしよう。

プレゼンテーションクラスに対するTeacherのアサインは特段なし。
メインはCore Teacherが面倒を見てくれることになる。
プレゼンの時間は毎週金曜日に5分だけの枠と決まっているものの、
その準備には結構な時間を使うことになる。特に、日本語でのプレゼン機会も
ほとんどない人にとっては、人前で話すことを含め、すべてが未経験なので
かなり大変なことだと思う。
自分の場合は日本で年間40件を超えるセミナー講師などの機会でプレゼン
慣れしていることもあり、資料作成や人前で話すこと、それ自体にはなにも
苦労することはなかった。

が。

英語でプレゼンするとなると、また話は別。できるだけスムーズにしゃべりたい、
と自分が思うだけでなく、オーディエンスの期待感に答えたいと思うのが心理。
MBA-Cebuではstudentsよりもteachersが、プレゼン内容に対して相当な
期待感を持っており、常に「笑いたい」と思っていると事前から聞かされていた。

これにミートしようとすると、ネタを仕込んだり、イラストやイメージ、話し方に、
いろいろな工夫を盛り込むようになる。実際にプレゼン慣れしていない方でも、
面白いネタを仕込むことで、teacher達を大いに湧かせていた方がいたことを
言及しておきたい。

また、プレゼンクラスの後は卒業式が待っている。毎週金曜が卒業セッションで
そこがまた感動の場面となるだけに、その前のプレゼンクラスのちょっとした
緊張感は、卒業式に繋がるプレリュードのような場ともいえるかもしれない。
要するに、それだけ学校全体でのプレゼンクラスに対する期待感が高いのだ。

それぞれの週でプレゼンしたテーマは以下の通り。
1週目− Self Introduction
3週目− Closing strategies for selling your services (規定テーマ)
4週目− How to become “professional”?

1週目は「Self Introduction」と決まっていて、全員がこれをプレゼンする。
自己紹介をするだけだから、どの方も比較的スムーズ。とはいえ、苦労するのは
単調にならないための工夫であり、「connecting devices」と呼ばれる、ページの
接続部分で使う表現を必ず複数使うことを強く要求されることだった。これには
閉口したものの、今では重宝している(笑)

内容的には、自分もネタは仕込んだものの、それよりもプレゼンの場慣れした
パフォーマンスがteacher達に相当ウケが良かったようで、結構褒めてもらえた。
まぁ、一応プレゼンのプロですし。。その後もエレベーターで一緒になるたびに、「Mr.Yako, 先週のあなたのプレゼン見たわよ」と言われ、一気に名前を覚えられ、
期待感をもたれることになってしまった。

自分は1週目に要した労力から、2週目はちょっとプレゼンはやめとこうと思い、
実施しなかった。ところが、その週の金曜にプレゼンクラスを見るだけの側に
なったときに後悔した。これは、機会があるのに、やらないと損だわ、と。
毎週やっていたBatchMateの池浦さんは、1週目とは打って変わった、緊張感
のほぐれたプレゼンスタイルで聴衆を引きつけており、自分も度肝を抜かれた。
しまったー、こんなことなら自分もいろいろ挑戦すれば良かった、と翌週トライ
することを心に決めたのだった。

3週目は決められたテーマのプレゼン。「Closing strategies for selling your services」。要するに、セールスパーソンを対象にした、契約時のクロージング
戦略をトレーニングする内容という位置づけだ。内容が難しく、プレゼン辞退者が
数人居たとteacherがぶつぶつ言っていたが、さもありなん。
自分の場合は、この学校、MBA-Cebuのサービスを売るにはどうすればよいか、
ということに常々興味があったのだが、ここでは時間的な制約からも簡易な事しか
言及できないと思い、授業で学んだことを中心に3ステップで示すという手法を
説明した。加えて「You should do」「You should not do」を加え、聴衆に
受ける工夫を盛り込んだ。そのときのプレゼン資料がこちら。

内容自体は5分でしゃべらなければならないのでたいしたことは書いておらず、
とはいえ、実際は7分くらいしゃべっていたようだ。

というのも、自分が注力したのは、teacher Rocsieから再三言われた、
「もっと感情を込めてプレゼンしなさい」ということだった。文章を読む場合には、
それなりの抑揚もこめるし、日本語のプレゼンでも抑揚はつける方だが、それでも
初回のプレゼンに加え、今回は自分自身の位置づけを聴衆(セールスパーソン)
に対する「トレーナー」と位置づけている。それなりのパフォーマンスが必要だった。

かくして「熱血トレーナー風」の自分のパフォーマンスの真骨頂が炸裂するのだった。
studentsはこのぐいぐい引っ張るスタイルを見てくれて、「なるほど、あんな風に
感情豊かに出して表現すればよいのか」と思ってくれた人も居たようで、後でいくつも
フィードバックコメントを頂いた。一方で、teachersは自分たちの学校とリンクした
内容だっただけに、興味もあるし、なによりも前のパフォーマーがぐいぐい引っ張る!
これにノリノリかつ非常に興味を持ってくれ、笑いあり、ノリありのあっという間の7分。

なにより自分が驚いたのは、Q&Aに移ろうとした時に、teachers数人が立ち上がって
standing ovationをしてくれ、それが数人のみならず大きな拍手となって終わりを
迎えることができたことだった。

感激、感動。でもなんで??それなりに努力して臨んだから?
自分なりに理解したのは、一生懸命で情熱的なパフォーマンスと引き込まれる
ネタだったからだろう、ということ。

それからというもの、「このレベルがMBAの目指すスタンダードになった」とまで
MgrのBenをもって言ってくれるほど、良い効果をもたらすことができた(かもしれない)
studentsにとっては、自分も含めて確実にハードルが上がったことを実感させる
一つの大きな節目のプレゼンだった。

4週目は、卒業式の週なので、当然プレゼンをするわけで。自由テーマに選んだのは
「How to become “professional”?」。これは、MBA-Cebuのstudentsのみならず
teachersに、professionalについて伝えておきたかったためが大きい。人数が
増加してteachersの考えることも多様になってきていたため、professionalについて
今一度考えてほしいという思いから、この難易度の高いテーマを選んだ。また、プレゼン時間も内々に8分は超えるのではないか、という話をteacher Jesicaとしていて、
彼女は校長のMr.Kazu Watanabeに耳打ちしてくれていたのだった。

当日のプレゼンターは全部で18人いて、二つのクラスに分かれていたのだが、
片方が終わり、大トリが自分の番。最後だと言うことと、結構長くて複雑な内容だけに
多少の不安感が残るままプレゼンに臨んだ。
なぜ自分がこの経験をシェアするのか、スペシャリストと何が違うのか、
プロフェッショナルになるための15項目とはなにか、その中の重要な3つは何か、
加えて最後はネタをおいた。
(重要な3つというのはteacher Jesicaが選んでくれたもの)

その資料がこちら。

10分近く話したかもしれないが、熱意を持って聞いてくれた。とはいえさすがに長い。
内容がオーディエンスに直接語りかける内容だっただけに、結構一生懸命聞いて
くれた人が多かったように見えた。3週目から4週目で自分の話し方に変化が
あったので、ゆっくり語りかけるように話したこともあったかもしれない。盛り上がりは
なかったように思えたが、その後の質問も含めて、「keep changing」の重要性は
しっかりと伝わった手応えは持てた。

 

こんな風に、たった5分のプレゼンテーションであっても、テーマ選び、シナリオ構成、
資料準備、そしてなにより話す、表現する準備は相当な時間を使って行うが、
それをやるだけの意味と意義が十分にあったプレゼンテーションクラスだった。

だいたいの事は書き切ったけども、あとは感じた課題や出会った仲間のこと、
今後のMBA-Cebuとの関わり方などについても書いてみようかな。

 

セブ島留学体験記 vol.4 [クラスの中身編 〜豊富な教材と指導方法〜]

しばらく間が空いたあいだにいろんな方から、
「早く続きを書け」「ネタ切れか?」といったツッコミが。

こっちも転職後1ヶ月はめまぐるしく回ってんだからちょいと待っておくれよ、
と思いつつ、記憶と経験が色褪せないうちにあと数回は書かなければと思ってる。

さて、そんな今回はクラスの中身でやったことの中で、具体的なものかつ、
紹介しても差し障りなさそうなものを幾つかご紹介しようと思う。

立ち上げ1年経ってなかったこのMBAという学校では、スキルフルな教師達が個々の経験に基づいて
教材選定から指導のネタ探しまで行っている。大まかな指導方針は決まっているモノの
個々の教師の指導力に大きく依存していることは(当時は特に)否めなかった。
その点が「フルカスタマイズ」を謳うこの学校の良いところであり苦悩でもあり。

ただ、教師は生徒達の能力をきわめて的確に把握し、その意向も的確に汲み取った上で
教材選定などにも日々フィードバックさせているといえる。その一部をご紹介しよう。

■Speech Communication(SC)
前回のブログでも書いたように、滞在中、最も影響を受けたのはこのクラス。Nativeがどう話すのか、
どう聞くのか、日本の学校や英会話学校では決して教えてくれない内容が豊富だった。
このクラス担当のTeacher,  Rocsieは小さい頃は英語も話せない貧乏な環境で育ったと言うが、
持ち前のポジティブさと忍耐強い努力で大学に行くことができ、更に語学学校の先生にまでなれたという
Success Storyを持つ人だ。それだけに教材や指導方法の引き出しも相当豊富。
プリントはLaiaisonのベーシックなもの、単語結合や語尾短縮のものなどを豊富に持ってきてくれた。
のみならず、Steve JobsのStanfordでのspeechの一部を持ってきて、徹底的に聴くように指示してくれた。
Anna Kendrickの「Cups」を聴いて全部書き出す訓練をし、それを全部覚えてしまうように指導してくれたのも
Rocsieだった。もちろん、彼女の狙いは単に学んだ単語のconnectionやLaiaisonを素材の中に見いだすだけで
なく、英語学習は楽しいモノだと言うことを日々の生活に根ざそうとしてくれたことにある。
卒業式では、このCupsを1番だけ歌ってお別れをしたことが昨日のことのように思い出される。
画像Anna Kendrick「Cups」

■General English(GE)
前半はフィリピンの文化について幅広い意見交換を交わした。TeacherはJennifer。線の細い彼女は
見かけによらず様々な事にチャレンジする人で、フィリピンでの生活感などについては色々教えてもらった。
残念ながら彼女は途中2週間経過時点で交替となってしまうわけだが、学んだことは非常に多かった。
後半では先生が交替し、Teacher. Dに変わった。Dはセブで行くべき様々な場所についてもアドバイス
してくれ、まさに最終週の週末に滞在したBantayan Islandは彼女のアドバイスによるものだった。
画像
彼女が指導してくれたのは、5つのキーワードを使って5分以内で文章を完成させ、それを説明・話し、
その後その内容についてディスカッションするというモノ。提示された5つのキーワードは中々一筋縄で
理解できるものではないものもあり、辞書を用いてはいけないという彼女の方針に基づき、言い換えを
中心に質問して意味を探るという確認の後、文章を構成していくわけだ。結論を先に書き、背景に
触れつつ、自分のオピニオンのみならずその反対の意見にも理解を示し、最後に再度自分の見解を述べる
という構造的な文章を構成する訓練。例えばテーマは「脳死時の医師による死亡支援の法制度化について」等。

■Current Event(CE)
ちょうど滞在期間中に市民投票が行われようとしていたウクライナの情勢について、
その歴史的背景なども踏まえたディスカッションをWeb記事をベースに数回行っている。
また、自分がモバイルビジネスにも興味があると言うことを話していたので、モバイルデバイスの利用実態
やフィリピンでの課金方法、必要とされるアプリ、LINEに代表される新しいメッセージングや若年世代の
コミュニケーションのあり方について幅広く議論を行った。また日本のアプリケーション利用の実態や
他国での通信情勢などについても国の間のGapを明確にできるような議論ができた。
メインのTeacher  Crisは再び大学へ戻るべく勉強を続けていて、資料を読ませた後、サマライズさせ、
その内容にオピニオンを加えて行くというセッションを何度も繰り返して行った。これは彼女自身の
経験に基づく勉強法だという。

■Business English(BE)
自分がフォーカスしたビジネスシチュエーションが「ネゴシエーション」「会議」の2つだったので
そのシチュエーションにおける様々な表現を徹底的に繰り返し行った。加えてプレゼンテーションも
この2つのシチュエーションと関連させて行ったため、
自分の担当教師Jesicaは若干23歳でいくつもの企業で働いた経験を持つ才女で、言い換え・別表現を
次々に繰り出して飽きさせず、なおかつネイティブ達がその表現を使うかどうかも毎回チェックしてくれた。
教材としてはテキストコピーが中心ではあったが、2週目に見せられたTEDのビデオが衝撃的だった。
画像Richard St. John Success is a continuous journey
1週目でそこそこ聞けると思っていたのが、TEDのこのビデオにはてんでついて行けなかったのだった。
この日から、毎晩余裕があるときにはTEDを1〜2本必ず聞いて寝る日々が始まった。

■Group Class(GC)
メンバーに恵まれ、非常に活発な議論がなされていたクラスだったので話したいことは多々あるのだが。
討議のネタとしては、メンバー各社の自社紹介とそれぞれの会社のSWOT Analysisを実施し、それぞれの
バックグラウンドを理解すると共に、そこで慣れたディスカッションフレームワークをTOYOTAの品質
トラブルを踏まえたSWOT Analysisをすることに発展した。このクラスには自分を含めてコンサルが
2名いたので、フレームワークや考え方を共有することでメンバーの理解が飛躍的に深まった。さらに、
最終週には、このMBAという英語学校そのもののSWOT Analysisを行うことにまで発展した。仲間内では
以前からMBAのビジネス分析は話題に出ていたので、ちょうどよいタイミング、激論だった。

■Presentation(金曜午後のみ)
これは次回というか、この次の別ポストで改めて書こうかな(笑)

とまぁ、たった1ヶ月でも密度の濃い学習内容が繰り返されていたのがおわかり頂けるだろうか。
むしろ詰め込み過ぎな感があるくらいでそれをいかに消化するのかが課題だったくらい。

これで語学留学する気になったかな??

日本通信がイオン限定の980円SIMを発売!

衝撃かも!?
日本通信がたった980円から利用できるSIMを発売だと。
彼らが掲げる「通信電池」構想がこんな形でどんどん具現化してきているだけに、
目が離せない!
この980円SIMもコンシューマ向けだけでなく、サイネージ用途などM2M領域まで
拡大すればめちゃくちゃ豊富な用途が見つかるかも。
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1106/10/news063.html

めざましテレビにインタビューで登場!

Appleが発表した「iCloud」は主にコンシューマ向けサービス。

それを見た局関係者が「あれクラウドって法人向けサービスじゃないの?」という率直な疑問が湧いて、解りやすく説明してくれる人、ということで八子に白羽の矢がたったのでした。

前日に収録したインタビュー映像がうまく編集されていて、2回登場。

これがきっかけで更にクラウドの利用が加速してくれると、後押しをしているベンダーフリーな立場としてはうれしいのですが。

局側関係者がおっしゃっていたクラウドの理解の度合いも、自分にとってはさらなる気づきを与えられたよい機会でした。